おめでとうございます!!

去る平成25年5月29日(水)〜6月2日(日)に
JAPAN OPEN 2013
(第29回 飯塚国際車いすテニス大会)
が開催されました

男子シングルスBクラス
準優勝 松田 瑶平選手

おめでとうございます


応援クリック お願いします!!→

相手の意表をつく〜その2〜

テニスの試合で勝つためには
相手の意表をつくことが 大切でしたね
今回は プレー以外の要素について紹介します

ソックス

・テニス・スポーツ用ソックスではなく ふつうの靴下 なのに 強い
・七分丈のパンツ なのに ハイソックス
はいていない のに 臭わない


ラケットバッグ

・でかいバッグから 5〜6本ラケットが出てくる のに 使うのは1本
・ラケバではなく ラケット購入時についているケース なのに 強い
かわいい水筒が入ってる のに 強い


肌の色

色白 なのに 強い
色黒 なのに 弱い
・色黒 なのに めっちゃ日焼け止め塗ってる


容姿

・太っている のに めっちゃ走る
・筋肉ムキムキ なのに ロブが多い
・背が低い のに フラットサーブ
外国人 なのに 弱い

etc。。。

いかがでしたか

試合前から
すでに戦いは 始まっています

お試しあれ

応援の1クリック お願いします→


相手の意表をつく

ものすごくパワフルなフォアハンドを打っても
めっちゃスピードのあるサーブを打っても

相手が待っているところに 打ってしまうと

けっこう簡単に 返されてしまいます

いいショットを打ったはずなのに。。。

って

焦ります

へこみます

負けます


テニスでポイントを取るには
相手の意表をつくこと
が大切ですね


今回は そんな作戦の一部を 紹介します


スマッシュと見せかけて ドロップ  難易度 ★★☆☆☆

やばい!打ち込まれるっ!!と相手が下がったところにドロップショット
奥歯に力を入れて ボールをにらみつけ 打ち込んでやるぞという顔をつくることが重要
短く落とそうとしすぎると ネットミスしやすいので注意


突然アンダーサーブ  いやらしい度 ★★★☆☆

ゲームポイントなど大事な場面で 1stサーブ時に使うと効果的
アンダースピンや サイドスピンをかけて打てば 相手がミスする確率アップ
マイケルチャンや ヒンギスが 全仏オープンで使ったこともある作戦
2ndサーブで使うと ただチキッてるようにしか見えないので ちょっと恥ずかしい


チャンスボールなのに つないじゃう 意味ない度 ★★★★☆

ただの優しい人 または弱気な人 
あまりやりすぎると ペアが次から組んでくれない可能性大


ボールの代わりに ラケットを飛ばす ビックリ度 ★★★★★

ルール違反 2回目からは失点


そのラケットが 自分のペアに当たる 危険度 ★★★★★

友達をまたひとり失う しかし ちょっとした話題にはなりそう



いかがでしたか

相手の意表をつくためには いささかリスクをともないますが

みなさんも 相手がびっくりするような作戦を考えて
ぜひ コートで試してみてくださいね


ぜったい 楽しいですよ


応援の1クリック お願いします→


東海毎日ベテラン選手権大会

を観て来ました


長年テニスをされている 試合巧者 のプレーからは
学ぶべき要素が たくさんありすぎて。。。

メモっても メモっても

書ききれないくらいです


その中でも 今回
ダブルスについて強く感じたのは

スマッシュの重要性
ネットから離れた場所での ネットプレー
ロブの活用

の3つです


スマッシュ

レッスンで「今週のテーマはスマッシュです」って言うと
ガッカリされることが多く
特に女性の方は 敬遠されがちですが。。。

高齢の方も 男女問わず しっかり打ってます
シンプルなフットワーク
もちろん 強打というわけではありませんが
しっかりコントロールされたショットは
やはりダブルスの得点源ですね


ネットプレー

「ネットに詰める=攻撃」ではないことが
よくわかりました
勢い良くネットに詰めて ボレーを決めに行っても
サラッと切り返され やられているシーンの連続です

「ネットに詰めなくては 点が取れないプレーヤー」は
陣形を崩してでも ネットに詰めるしかありません

虎穴に入らなくても 虎児を得られるプレーヤーは
本当に強いです


ロブ

リターンロブ ボレー戦からのロブボレーなど
強いペアほど ロブを効果的に使っていました

強打の練習に 時間を費やすよりも
いつでも どこからでもロブを上げられるように
取り組んだ方が 良さそうです


僕には あと30年もあるんです!!


今から取り組んでいけば 全日本制覇 も夢ではありません
もちろん 誰にでもチャンスはあると思いますが。。。

いろいろと気付いちゃったぶんだけ
みんなより ちょっとだけ有利


このことは

ぜったい内緒にしとこ〜


応援の1クリック お願いします→


大会ホームページ

を作成しました
 
今年は 大会運営と ジュニアテニス体験会 ホームページ作成を
担当させていただくことになりました

貢献できるよう ガンバります


応援の1クリック お願いします→

復活

皆さん お久しぶりです

いよいよ新年度スタート

やっぱり節目って 大切ですね

いろいろな節目がありますが

それらは 行動を起こすチャンスですよね


例えば。。。 

年始に買った手帳が 空欄だらけに
→4月からは しっかり書こう

勉強の間に ついゲームをしてしまった
→10時になったら 勉強を再開しよう

みんな 行動するきっかけになります


この節目が 他のどのスポーツよりも
たくさん存在するのが テニスです

何回でも やり直しがきくスポーツなんです

ボコボコにやられても

ミスで自滅しても

1ゲーム終わったら

また0−0(ラブオール)からスタートです

0−6で1セットとられても

2セット目は0−0からです

巻き返すきっかけが 何回でもおとずれます



。。。ということで? 今がチャンス

あらたな気持ちで ブログを更新して行こうと思います

よろしく おねがいします


応援の1クリック お願いします→


はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!

はじまりましたね 全豪オープン
気になる日本人選手の1回戦ですが。。。

まずはエース 錦織 圭 選手
ビクトル・ハネスク選手(ルーマニア)に
6-7,6-3,6-1,6-3で勝利
第1セットは リズムに乱れがありましたが
2セット目以降は 完全にゲームを支配しました
さすが第16シード

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!



続いて 土居 美咲 選手
ペトラ・マルティッチ選手(クロアチア)に
6-3,6-4で勝利
回り込みフォアハンドが炸裂!!
次はシャラポワ選手(ロシア)と対戦です
楽しみですね

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!


そして 伊藤 竜馬 選手
ジョン・ミルマン選手(オーストラリア)に
6-4,6-4,3-6,0-6,7-5で勝利
2セット目の後半から 足に痙攣を起こし

第3セットと

第4セットは捨てて
回復を待つ作戦に

最終セットで
見事 競り勝ちました
気持の強さが ハンパ無いですね

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!


2日目に登場は
クルム伊達 公子 選手
第12シードの ナディア・ペトロワ選手(ロシア)に
6-2,6-0で快勝
速いテンポで打ち分けるストロークと
深いリターンで 相手を完全に封じ込めました
やっぱり天才です

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!


添田 豪 選手の1回戦は
ルーク・サビル選手(オーストラリア)に
6-7,6-3,6-2,6-3で勝利
昨年の全豪ジュニアで 優勝している18歳相手に
第1セットこそ タイブレークで取られるものの
冷静な試合運びで 逆転勝利です

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!


最後は 森田 あゆみ 選手
アンナ・タチシュビリ選手(グルジア)に
6-3,6-3で勝利
安定した1stサーブと
フォアハンドで主導権を握り 快勝です

はいっ! ガッツポぉ〜ズ!!


なんと
6人全員勝利(史上初)です!!

2回戦も。。。


よろしくおねがいしま〜す

応援の1クリックお願いします→


足が攣る

2012年は。。。

優勝 という最高の結果で
幕を下ろしました

福澤コーチありがとう

準決勝では 足が攣り。。。

テニスのショットって
足から(地面から)パワーをもらっているんだなって
再確認できましたヤッタネ

ところで。。。


足って なんで攣るんだろう。。。


人間の足は ふくらはぎの筋肉が縮むと
アキレス腱が 伸びる構造になっています

アキレス腱には 腱紡錘 という器官があり
腱の伸びすぎを防ぐセンサーの役割をしています

ふくらはぎの筋肉が縮むとき
筋肉に「それ以上縮むな!」と指令を出します

この腱紡錘の働きを 弱める要素が

疲労・脱水・冷え

といわれています

センサーが うまく働いていない状態で
縮んだ筋肉が 異常に収縮を続けてしまうと
足が攣ります


当日を思い返してみると。。。

3試合目で 疲れてましたし
水分もあまりとっていなかったような
はいっ とっても寒かったです


攣るわけですな


でも よかったぁ


年齢的なものではなくってまだわか〜い

よく足が攣る方は 応援の1クリックお願いします→


オープンスペースに打つために。。。

ストレートとクロスに
打ち分けられるようになっても。。。

ダブルスでは ほとんど無意味でしたね

狙えるようになりたいのは。。。

といったコースです

そこで。。。

.好肇譟璽箸肇札鵐拭爾梁任訴け
▲札鵐拭爾肇錺ぅ匹梁任訴け

といった練習はいかがでしょうか?

3人いればできますので
仲間の1人が寝坊して 遅刻したらいい機会です

3分交代くらいで チャレンジしてみてください

9分後 4人になったら。。。

。。。なんてのもありかも

1vs3って
1人の方はたいへんですが


仕方ないよね。。。


遅刻の罰ですから

応援の1クリックお願いします→

オープンスペースに打つために。。。

いつもの打ち合い練習(1対1)では

相手のいるところに打ち返す練習 になってしまうので。。。


もう1人誘いましょう


2対1で打ち合うことで 必ずコースを変えることになります


【応用】 クロス&ストレート


このような練習をすれば
試合中 コースを変えられるようになり
オープンスペースに 打つことができそうですね

よっしゃ これで完璧だぜ



しかし。。。


ダブルスの場合
ストレートとクロスの打ち分けができても。。。

クロスに打ったら 相手がいて
ストレートに打ったら そのペアがいる

ひとりで2人を相手することになるだけです

絶対不利ぃ〜〜


う〜〜ん

次の練習を考えなくては。。。


応援の1クリックお願いします→



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

profile

愛知県車いすテニス大会HP

le coq sportif

VOLKL

selected entries

categories

archives

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM